ガナリヤの付録

学会や参加記のみをまとめています (それ以外は他サイトです)

技育祭 Day2 参加記

技育祭Day2

https://talent.supporterz.jp/geeksai/2021/

新技術への向き合い方~幸せなエンジニアライフを送るための4箇条~

給料が高いとか,働きやすいとか 色々あって,すべて正解.

ポイント1 鶏口牛後

J1でベンチより,J2でトップ前線で働く.

インプットよりも適切に自分ができるアウトプットのタイミングを増やすべき

チュートリアルを真似するだけでなく,「自分でできること」を自分なりにアウトプットして表現する

ポイント2 基礎を固める

新技術を追いかけるほうが,カッコいいがそのもとにはベース技術がある. それをきちんと身に着けないと応用できない.

技術は以下の2種類がある.

2つ目は置き換えが早く,無駄になりやすい(覚えても)

基礎の技術を1つに絞っていくのが強い

ポイント3 チャンスに備える

明日アーキテクチャを一気に良くしろ と言われたらどうする?

自分が取り組む小さな課題を少しずつ解決して,信頼を得る

ポイント4 やりたいことをやろう

好きなことをやろう!一番大事

仕事しなくてもいいよ! って言われたときにやりたいことをしよう!

まとめ

感想

好きなことを突き詰めるということはとても大切だなと感じました. また,崩れることのない「基礎」をもっと勉強していきたいです.

アウトプットの場をもっと増やして,好きな技術と基礎を突き詰めます><

  • アルゴリズム
  • バックエンド
    • ネットワーク
    • サーバ
    • SQL
    • これらをライブラリに依存しないようにもっと理解しよう...
  • シェル・ターミナル

〜ハイクラス人材向けサービスを運営するビズリーチのCTOが語る〜「市場価値の高いエンジニア」ってどんなエンジニア?

ここからエンジニアの例も交えて説明していく.

エンジニアでも共通してほしい力がある.

個人の力があっても,チームの生産性を下げてしまうような人は良くない...

複数人での開発力は,個人の開発力と異なり,チーム自身でクオリティが高くなるような技術・コードが必要とされる.

サーバントリーダーシップのようい,チームに気づきを与えるリーダーシップもある. チーム全体が持つ必要があり,みんなで前に進んでいこう!

チーム開発におけるコミュニケーション力は,面白いとか話が良いとは異なる.

ビジネスにおいては理解力,説明力,報連相のようなコミュニケーション力が必要!

GRITは,成功するひとがみんな持っている力. 情熱と体力・根性が必要であり,最後の最後まで課題を解決するという力. このGRITをもっている人が,エンジニアでは成功する.(やりきろう!)

GRIT力があると入った時点で技術力がすくなくてもそこから伸びていく.

ここまで,エンジニアに限った話ではない. エンジニア以外でも同様に必要出す,すごい重要.


超就活術〜つよつよエンジニアになる為の5つの絶対原則〜

就活の意味づけをしよう!

原則1 メンタルモデル

変えられる,成長できる,ということを知っていることが,成長につながる

原則2 メタスキル

習慣化を楽にするためには,範囲をつくろう.

馬鹿らしいくらい楽なレベルの目標を立てよう.

学び方自体を新しく多く知ることが大切. 自分の学び方は自分の過去の経験のみのため.

原則3 意思決定方法

キャリアはどうしよう

原則4 面接戦略

きちんと事実に基づいてないと伝わらない. 逆に,事実があれば面接相手は経験豊富なので解釈してくれるf

1つのメッセージ・ミッションを決めよう!

原則5 就活後

リーンラーニング 必要な量を必要な量だけ学習しよう! 全部は難しい!

教えたい人から,教えてもらう! 教えてもらいやすい人になろう

できることとできないことを伝えよう! わからないよ〜を伝えよう

自分の苦手なもの,苦手な人は反面師匠. 苦手であることは,自分が意識していること,自分がなるべきもの,取り込むものである!


感想

やっぱり全体を通して,成功するエンジニアが重要に思っていることは同じだなぁとおもった.

  • 最後までやり抜く力
    • GRITと海外で言うらしい
    • つらくても最後まで続けて課題を解決させる
  • インプットよりアウトプットを重要視する
    • 実際に作らないと身につかない・手を動かせ
    • それをすぐに公開しろ・継続的にアップデートしろ
  • 基礎を身に着けよう
  • 常に成長を意識し習慣づけよう
    • 成長を意識しないと止まってしまう
    • 常に並行して成長できる技術を身に着けよう

競プロを多くやってきたので,ある意味アウトプットをしてきたけれど アプリ制作の経験などは少ない. サーバ・ネットワークの勉強をしながら,継続してアプリを作りたいなぁと思いました. (常に成長を意識したいね)