ガナリヤの付録

学会や参加記のみをまとめています (それ以外は他サイトです)

技育祭 Day3 参加記

Day3

CTOが語る、学生が個人開発で イケてる成果物を作るコツ

まずは小さく初めて公開する. そして,少しずつUI/UXや品質を向上させていく.

小さく始める

多くの場合,なかなかソフトウェアを作らない. きちんと紙の上で考案し,良いものにしていく.

そこで,模倣する. 重要な箇所だけに注力できる.

夢を見すぎる,難しいものは無理. 極力抑えてはじめる.

Incremental Developmentをおこなう

部品に注力せず,「全体」を捉えて,目的を達成できる最小限の構成に抑える. とくかく動かそう!そして公開しよう!

GitHub IssueやKanbanなどで,ちゃんと機能の優先順位を立てよう.

苦手なことをかなり最初のほうにやったほうがいい.

感想

自分でもアプリを作ることがあるけれど,かなり大きな夢を見て挫折をすることが多い. まずは,「本当に必要な機能」だけをできるだけ小さな技術で作り公開することを大切にしよう...

ただし,「基本」はそれでは身につかないことがあるので それは別途理解する必要がある.